読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『羊と鋼の森』を読んだ。

羊と鋼の森』を読んだ。


羊と鋼の森
羊と鋼の森
posted with amazlet at 17.04.17
宮下 奈都
文藝春秋
売り上げランキング: 1,192



ピアノの調律師の青年が主人公の小説であった。彼が調律師として、そして人として成長する姿が描かれている。2016年本屋大賞第1位だったらしい。確かに読み出すと止まらずに一気に読んでしまった。調律師としての側面がやはり最も面白いのだが、それ以外にも弟との「和解」の場面、また主人公が調律を担当する家の双子の姉妹の「決断」の場面なども読み応えがある。


ただ、あえて難癖をつけるとすれば、なんというか「汚れた」要素がどこにも見当たらない小説と言えばいいのか、誰にでもある心の闇のような要素は完全に排除されている。それによってファンタジーのような要素がこの作品にもたらされているのかもしれない。


こどもにすすめられて読んだ最初の小説となった。