読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『きよしこ』を読んだ

久しぶりに『きよしこ』を読んだ。吃音の少年の物語だ。



きよしこ (新潮文庫)
きよしこ (新潮文庫)
posted with amazlet at 16.04.30
重松 清
新潮社
売り上げランキング: 3,625



 うつむいて、ぼそぼそとした声で話せばいい。ひとの顔をまっすぐに見て話すなんて死ぬほど難しいことだと、ぼくは知っているから。
 ゆっくりと話してくれればいい。君の話す最初の言葉がどんなにつっかえても、ぼくはそれを、ぼくの心の扉を叩くノックの音だと思って、君のお話が始まるのをじっと待つことにするから。
 君が話したい相手の心の扉は、ときどき閉まっているかもしれない。
 でも、鍵は掛かっていない。鍵を掛けられた心なんて、どこにもない。ぼくはきよしこからそう教わって、いまも、そう信じている。


吃音についてはこんな記事を紹介していた→「吃音を取り巻く現状についての解説記事 Listen to the lessons of The King's Speech」
non-rolling-dig.hatenadiary.jp