読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホールデン少年のセンチメートル・ジャーニー

文春新書の『翻訳夜話2 サリンジャー戦記』を読んだ。翻訳夜話2 サリンジャー戦記 (文春新書)posted with AZlink at 2011.6.6村上 春樹,柴田 元幸文藝春秋売り上げランキング: 32606Amazon.co.jp で詳細を見る サリンジャーの『キャッチャー・イン・ザ・ラ…

不条理を回収するのは誰なのか?

3月11日は朝から大事な打ち合わせが入っていたが、昼過ぎに問題がおおかた片付いた。ほっとしてやや脱力気味で、遅い昼食を摂っていると、東北で震度7の地震があったらしいと同僚が教えてくれた。 マグニチュード7の間違いだろうと思ってネットをのぞくと…

もっと強く私を縛って! 『なぜ選ぶたびに後悔するのか』

『なぜ選ぶたびに後悔するのか —「選択の自由」の落とし穴』を読んだ。この本のタイトルはこの記事のタイトルのように『もっと強く私を縛って—選択の逆説』とでもすべきだったと真面目に思った。実は、ちょっと不真面目に思ったことは内緒だ*1。 なぜ選ぶた…

吃音を取り巻く現状についての解説記事 Listen to the lessons of The King's Speech

ひとつ前のエントリーで今月末に公開予定の映画「英国王のスピーチ」を取り上げました。その調べものをしている過程で、「Listen to the lessons of The King's Speech」というコラムを見つけました。Nature誌に掲載されているコラムで、長年にわたって吃音…

「普通に君が好きだ!」「普通に嬉しい!」

「普通においしい」という表現がちょっと前に話題にのぼっていた。毎日新聞の牧太郎さんが書かれた以下のコラム「普通においしい?」が発端になったようだ →http://mainichi.jp/select/opinion/maki/news/20110125dde012070062000c.html わたしは「普通」と…

頼むから裸はやめてと言ったから明治維新は着衣記念日

『刺青とヌードの美術史 江戸から近代へ』を読みました。これは個人的に大ヒットでした。面白い。 刺青とヌードの美術史—江戸から近代へ (NHKブックス)posted with AZlink at 2011.1.24宮下 規久朗日本放送出版協会売り上げランキング: 233633Amazon.co.jp …